観音道の途中で花尻先生の解説に耳を傾ける