石見(いわみ)神楽との交流


天女座物語326
 2008/10/12     写真集右をクリックしてね写真集  

天女神楽は今年で5周年を迎えます。神楽とは、本来、神様に捧げるものです。

天女神楽は、古事記を元にした創作演劇を、俳優で脚本、演出家の丹下一(まこと)さん
の指導の元に地元の方々の活性化のために立ち上げました。

現在、団員は22名くらいで、東京や、地方の友人たちもゲスト出演してくれていて、
一年で一番盛り上がります。
その、神楽の中で、ヤマタノオロチを演じてきましたが、18メートルの大蛇の取り回しが
わからなくて、かねがね指導を受けたいと思っていました。

7周年のイベントの時に、伊勢在住の大池さんが、恵比寿舞をしてくれましたが、その大池さん
が島根県の石見の出身で、今回、石見神楽の社中の方々とのご縁を結んで下さいました。

稽古は2日間でしたが、東京から移住して漁師になった十文字覚さんが習いました。
まずお手本に、プロが演じてくれましたが見事!
18メートルの大蛇が。。。うねうねと生きているようにすごい!
2日間の稽古で十文字さんは上達!
そのあと、紫帆りんが獅子舞、トンちゃんが笛を披露。
獅子舞は、毎月上京して2年間、師匠にならったものですがまだまだ未熟です。

即興演奏も聴いて頂き、非常に感動して頂けました。
また近い将来、島根県の地元の方々とのジョイントできれば最高です!

天女神楽本番は11月22日18時から。
私たちのコンサートが前座、そのあと、天女神楽と交流会です。
天女神楽¥1000 交流会¥2500(飲み物、弁当つき)
お申込みはメールでね。。。shihorin@angel.biglobe.ne.jp
民宿とのパックもあります。お問い合わせは・・・紫帆りんへ090-1471-7241
ノーフレームメニューへノーフレームメニューへ